賃貸物件の見学はこんなこともチェック

賃貸物件の見学は、両隣・上下階の音漏れ、窓やサッシの気密性による冬の寒さイメージもチェックするのがお勧め

賃貸物件の見学はこんなこともチェック

賃貸物件の見学はこんなこともチェック

賃貸へ引っ越すための最初のステップが、物件の見学です。部屋の雰囲気や設備、広さなど、部屋が自分の好みに合っているかチェックするのも大切ですが、それだけではちょっと不十分かもしれません。住んでみて後悔しないように、細かいことまでチェックしましょう。

音を気にする方は見学の際に必ず、上下階と隣に人が住む部屋を見せてもらいましょう。部屋を選ぶ際、隣に人がいなければラッキーと思ってそのまま契約するケースが多いですが、後から人が引っ越してきて、思ったよりも音が漏れて困ることもあります。できたらいくつか部屋を見させてもらいましょう。この場合の見学時間は、比較的人が家にいる時間帯、土日の午前中か夕飯時がお勧めです。

寒さに弱い方が部屋を選ぶ際、ベランダに出る窓が各部屋にある物件はちょっと寒いかもしれません。大きな窓があるだけでも寒いのに、サッシからの隙間風は、真冬になるとかなり寒く感じられます。とくに古めの物件ならなおさらです。冬の時期に見学にいけるなら、部屋の温度を体感できるので一番良いです。といってもなかなか難しいので、大きな窓だらけの古い物件はちょっと要注意です。フローリングより畳の方が暖かいので、和室が1部屋あればくつろげるかもしれません。

新着記事

Copyright (C)2014賃貸物件の見学はこんなこともチェック.All rights reserved.